中迫酒菜 – プロフィール

中迫酒菜 Nakasako Sakana

プロフィール

愛知県豊橋市出身の作曲家・楽器奏者。古楽器や民族楽器をフィーチャーした曲作りが人気を博し、ボイスドラマやテレビの劇伴ラ イブラリー、ゲームやショートムービーなどの作曲や演奏を担当。アニソンやゲーム音楽等の室内楽演奏や、Youtubeへの演奏動画の投稿などでも活躍中。

楽曲で使用する楽器はできるだけ自分で演奏したいという考えで楽器を集めていった結果、現在では300を越える楽器を所有。楽器を紹介する活動を行う。

中世~ロマン派に使われていたピリオド楽器に明るく、レコーディングでも多数使用。ピリオド楽器初心者向けレクチャーなども稀に行う。

普段はオーケストラや室内楽のためのトランスクリプション・編曲家として活動。

音楽歴

幼稚園のオルガン教室で音楽を好きになり、6歳よりピアノを始める。

17歳で管弦楽法・対位法・編曲を菅沼克裕に師事。この頃から自主制作CDを販売。

18歳より市内のオーケストラ団体の編曲に携わる一方、古楽団体や大学などで古楽の研究を始め、自主制作CDに積極的に取り入れるようになる。

20歳ごろからオーケストラや小編成アンサンブル団体などのアレンジャーを多く担当し、現在では自宅で古典和声や対位法、古楽の演奏習慣のレッスンなども行う。

主な提供先

山田弦楽四重奏団, Calum Bowen, 京都フィルハーモニー室内合奏団, 豊橋交響楽団, ルセッタアミュゼ吹奏楽団, 東方吹奏楽団

その他、海外のオーケストラや大手ゲーム会社、臨時で組まれる団体、ボイスドラマ、オルゴールベンダー、ライブやコンサートなどへの楽曲提供多数